酪農家経営管理支援システム DMSシステム(Dairy-farm Management Support System) 事例紹介

目的
DMSシステムは、月次決算を行い、日々の経営管理を徹底するためのシステムです。その場しのぎではなく、5年後、10年後を見据えた牧場経営のシミュレートを行い、経営管理と飼養管理を一体化したサポートを実現します。
経営管理の副産物として青色申告書も作成することができます。

月次決算を実現するために
経理処理に時間を掛けるのは、本末転倒です。DMSシステムでは酪農専用の会計ソフト『e酪農経営』を使用することにより、簿記の知識が無い方でも入力できるように配慮しています。また、組合の乳代精算データをインポートする機能もありますので、乳代精算に関する項目は入力を省くことが出来ます。(組合のシステムによりインポートが不可能な場合も有ります)
すでに月次決算を実現している方は、既存の会計ソフトやツールを利用して、次のステップアップに進みます。


現状診断と計画の作成
牧場の過去の傾向から現状の経営診断と10年後までのシミュレーションを行います。
シミュレーションでは、繁殖成績、設備の制限要因、飼料価格等予測される条件を設定し、借入金の償還計画や投資計画加え、経営イメージを構築します。また、"できないこと""できそうなこと"を話し合いながら、当面1年間の計画を作成します。


現状診断と計画の作成
牧場の過去の傾向から現状の経営診断と10年後までのシミュレーションを行います。
シミュレーションでは、繁殖成績、設備の制限要因、飼料価格等予測される条件を設定し、借入金の償還計画や投資計画加え、経営イメージを構築します。また、"できないこと""できそうなこと"を話し合いながら、当面1年間の計画を作成します。

※詳しくは、全酪連各支所担当者にお問い合わせください。