北海道乳牛産地情報 (平成29年9月1日現在)

畜 種 相 場
(万円)
価格状況 管 内 状 況
札幌
管内
育成牛
(10-12月令)
55〜65

横這い

 札幌管内の8月中旬までの生乳生産量前年比は、函館管内月計93.8%、累計で91.9%、苫小牧管内月計で99.6%、累計で96.6%の実績となっております。
 9月の初妊牛動向といたしまして、11月〜12月分娩、F1腹がメインで動くものと思われます。資源は例年並みですが、道内他地区の価格状況によって購買客が流入すると、元々資源が多い地域ではないため、価格が急騰する可能性もあります。雌雄選別精液授精腹の購買も可能ですが、お早目のご注文をお願いします。育成牛に関しましては、他の地区と変わらず高値を維持しております。
初妊牛

83〜93

横這い

経産牛 45〜50

横這い

釧路
管内
育成牛
(10-12月令)

60〜70

横這い

 根釧管内の8月中旬までの生乳生産量前年比は、釧路管内月計で99.4%、累計で96.8%、中標津管内月計で100.4%、累計で99.1%の実績となっております。
 9月の初妊牛動向といたしまして、12月〜1月分娩の腹が中心となります。販売に供される資源は選別腹、F1腹とも例年並みの頭数が見込まれますが、秋を迎え道内外の大型牧場を中心とした導入が活発化する事が予想され、一時落ち着きをみせた相場も再び上昇に転ずる事も見込まれます。ホルスタイン雌初生牛の相場は下がっておりますが、初生以外の育成牛については堅調な動きで価格も高値維持されております。

初妊牛

 

85〜95

横這い

経産牛 55〜65

横這い

帯広
管内
育成牛
(10-12月令)
55〜65 弱含み

帯広管内の8月中旬までの生乳生産量前年比は、帯広管内月計で99.3%、累計で97.3%の実績となっております。 9月の初妊牛動向といたしまして、11月〜12月上旬分娩のF1腹がメインとなってきます。道内・道外問わずにメガ・ギガファームの導入の動きが予想されるため、初妊牛価格につきましては、高値になるものと思われます。雌雄選別精液腹の人気も続いており、市場で人気が集中した場合には、F1腹以上の購買価格となる場合もありますので、導入の際はお早めにご注文をお願いします。育成牛につきましては、以前より若干落ち着いた様子も見られますが、育成牛市場では府県からの購買の動きもみられ、注意が必要です。

初妊牛

85〜95

横這い

経産牛 55〜65

横這い

道北
管内
育成牛
(10-12月令)
55〜65 弱含み  道北管内の8月中旬までの生乳生産量前年比は、稚内管内月計で99.4%、累計で98.1%、北見管内では月計で99.4%、累計で98.3%の実績となっております。
  9月の初妊牛動向として、11〜12月腹中心となりますが、8月は西日本の記録的猛暑により大型牧場をはじめとし初妊牛導入を控える状況もみられ、各市場とも低迷し初妊牛価格も下落しました。今後、道内外においてクラスター事業による大型化、搾乳ロボット導入による増頭、後継牛対策としての初妊牛導入が見込まれます。特に都府県における後継牛対策として、雌雄選別腹の希望も増加しておりますので、一層の高値も予想されます。
初妊牛

80〜90

横這い

経産牛 50〜60

横這い

道内
総括
育成牛
(10-12月令)
55〜65

弱含み

 道内の8月中旬までの生乳生産量前年比は99.5%、累計で97.7%の実績となっております。
 9月の初妊牛動向といたしまして、11月〜12月分娩腹が取引の中心となります。道内の資源状況と致しましては、乳用種への黒毛和種の交配率は上昇しているものの、雌雄選別精液の普及も高まっている事から例年並みの頭数が予想されます。一方、需要に関しましては、道内全域で生乳生産量が大きく減少している為、一定の道内需要が見込まれる事、また本格的な初妊導入のシーズンを迎え、道内外のメガ・ギガファームを中心とする導入計画も予定されている為、いったん落ち着いた初妊牛相場は、再び上昇に転じる事が予想されます。しかしながら、今後、副産物であるF1初生牛等の相場次第では、初妊牛相場はもみ合いとなる局面も考えられます。購買のご希望がございましたら、お早目のご連絡をお願い致します。

初妊牛

 

85〜95

横這い

経産牛 55〜65

横這い


*上記相場は、血統登録牛(中クラス)の庭先選畜購買による予想相場です。 庭先選畜購買のため、市場平均価格とは異なります。

 毎度、乳牛購買事業に大変ご協力を賜り厚くお礼申し上げます。
 乳牛の導入計画がありましたら、最寄りの支所へご一報下さい。
 担当者がお伺いし、最近の状況をご説明し、納得いただけるよう購買のお手伝いを致します。
 また、購買後の輸送・事故処理は責任を持って最寄りの支所と札幌支所がお世話申し上げます。
                                          
全国酪農業協同組合連合会(全酪連)
  札幌支所 TEL 011-241-0765
     釧路事務所 TEL (0154)52-1232
     帯広事務所 TEL (0155)37-6051
     道北事務所 TEL (01654)2-2368