本会の「将来ビジョン」について

「将来ビジョン」は、すべての酪農家の皆さんが希望を持って元気で安心して経営ができ、酪農に従事して良かったと思える豊かで魅力ある酪農の創出を目指して、平成24 年度を初年度とし平成33 年度 を最終年度とした10年後の全酪連のあるべき姿を設定し、その実現のための取り組みを示したものです。

 

全酪連は、会員と共に酪農生産基盤の維持・拡大に最大限努め、魅力ある元気で豊かな酪農の創出を目指します。    

【 基本姿勢 】

・ 酪農生産者が地域社会に根ざし、安定した酪農経営。

・ 酪農後継者や新規就農者が希望を持てる酪農環境。

・ 消費者に安全・安心な国産牛乳・乳製品を届けるための

                              良質な生乳生産と安定供給。


将来ビジョンはこちらから