本会の「組織理念」「行動規範」「行動基準」について

「組織理念」は、会員組合や酪農生産者の経済的・社会的地位の向上と、我が国の酪農業に発展に寄与するといった基本使命を実現するために事業に取り組む本会の組織目標を、標語として掲げたものです。
「行動規範」は、本会並びに役職員が取るべき行動やあるべき姿の基本を示したものです。
「行動基準」は、本会並びに役職員が、「組織理念」や「行動規範」に基づき、職務を遂行する際に、コンプライアンス上、遵守すべき事項を基準として整理したもので、「行動基準」の遵守により、企業の社会的リスクとなる重大な製品事故、犯罪行為、企業不祥事等の発生そのものの防止を目指しています。
私たちは、自らが定めた「行動規範」と「行動基準」を遵守し、会員組合や取引先、酪農生産者や消費生活者から信頼されるように努めてまいります。

 

組織理念

全酪連は、酪農生産者のロマンと
消費生活者の安心をつなぐスペシャリストとなります

行動規範

1.組織人である前に良識ある社会人となろう
2.酪農家の心と消費者の目をもって行動しよう
3.プロとしての自覚を持ち専門能力を高めよう
4.変化をチャンスととらえ前向きに挑戦しよう
5.多様な価値観を認め開かれた職場を作ろう

行動基準

行動基準はこちらから